フリーダムアート通信

フリーダムアートの製品情報とシューティングマッチ情報を中心に情報発信いたします。

タグ:レースガン


遂に手に入れちゃいましたよ。 FGレースガン!
レースガンとは、試合に勝つ事に特化したカスタムガンです。 私は基本的に自分で使うレースガンは自分で作りますが、FGレースガンを購入した知り合いのシューターさんに撃たせてもらったのが運の尽き! ついついオーダーしてしまいました(^^)v



FGレースガン最大の特徴は、ガスブローバックをも超える抜群のレスポンスにあります。 トリガーストロークも短く詰めてあるのでトリガーを引いた瞬間ターゲットの着弾音が聞こえます! トリガーを引いた瞬間に弾が出るという感覚ではなく、トリガーを引いた瞬間に着弾音が聞こえるのですよ!!



一般的な電動ガンは、トリガーを引くとモーターが動き出し、ギアを回してピストンを後退させてスプリングを圧縮します。 スプリングが縮みきったところでギアからピストンが離れて前進し、シリンダー内の空気を圧縮してBB弾を発射します。 
FGレースガンの場合は、ピストンが後退位置にあって発射寸前のところからサイクルがスタートします。 なので、トリガーを引いた瞬間BB弾が発射されます。 これをプリコックと言いますが、ペルンのアップグレード基盤によってコントロールします。 最近ではプリコックメカを標準搭載している電動ガンもありますが、FGレースガンのすごい所はここからです。 1発目が発射された後は前進したピストンを後退させなければなりません。 これを如何に速く行うかで連射性能が変わってくるのですが、1回転で2回コッキングするWセクターギアを使ってピストンの移動ストロークを減らし、ピストンの移動量が少ない分、スペーサーを使ってスプリングテンションを上げています。 もちろん給弾系の調整も抜かりありません。 更にプラグインブラシレスモーターを使用する事で、7.4Vのバッテリーでもトルクの太い鋭い動きをします。 



トリガーにはガイドを付けてストロークを詰めています。 射手の好みにもよりますが、遊びが殆ど無いので「ココ!」って思った時に反応してくれて超撃ちやすいです(^^)



外装部分はフリーダムアートのオフセットジョイントを使ってストックの位置を下げ、ダットサイトをローマウントしても無理のないフォームで構えられます。 サバゲと違ってシューティングマッチでは、ターゲットが至近距離の場合もあるのでパララックスを少なくする為、ダットサイトはなるべく低くマウントした方が良いのです。
ちなみに、ベースガンは樹脂製ながら剛性の高いボディーを持つG&GのCM16ですから軽量で取り回ししやすいです(^^) また、グリップやストックやハンドガードは、オプションで好みの物を付けてもらえるので、更なる軽量化も可能です!



FGレースガンは、製作者であるフォリッジグリーンときがわのチンピラサンタさんの射撃経験を基に改良を重ねた結果出来上がりました。 電動ガンのチューナーは沢山いますし、セミオートのレスポンスの良さを謳うカスタムも数多くあります。 しかし、FGレースガンの場合は次元が違います! 実際、全国大会で上位入賞するトップシューター達も愛用しています!



製作者のチンピラサンタさん自体、アンリミティッド のロングガン部門で準優勝しています! (優勝のズミ選手もFGレースガンを使用しています)



今年は武漢肺炎・新型コロナウィルスのせいでアンリミティッドは11月に延期になってしまいましたが、逆に練習時間が充分にあるので、今年はFGレースガンでロングガン部門にエントリーしようと思っています。 楽しみ楽しみ(^^)v


FGレースガン 
¥84800(税別) 
銃本体持ち込みの場合¥56800(税別)
 
ベースガン:G&G CM16
使用パーツ:プラグインブラシレスモーター、ダブルセクターギア、全金属歯ピストン、スプリングスペーサー、等ピッチスプリング、でんでん虫
※ グリップ 、ハンドガード、ストック、ダットサイト等、オプションで好みのパーツで組み上げてもらうことも可能です。 上の写真はグリップをマグプルタイプに交換し、ダットサイトはノーベルアームズの1COMBAT T1を載せています。
問い合わせ:フォリッジグリーンときがわ TEL 0493-81-7244


カスタムパーツならフリーダムアート https://www.gun-freedom-art.net  



  

前回までのお話はコチラ その1 その2

それでは、G26ADレースガンを作ってみましょう!
※カスタムは自己責任で行ってください。 加工を失敗しても責任取れませんので予めご了承ください m(__)m




 G26アドバンスを完全分解して、フロントシャーシの先端部分をカナノコで切断し、切り口をヤスリで軽く仕上げます。


 フロントシャーシとリアシャーシのレール部分をピカールで磨きます。 

 ノッカーの可動域を広げるために、ハンマーの矢印部分を削ります。 

↑加工前(写真左)はノッカーを持ち上げると途中で止まってしまい、それ以上持ち上げるとハンマーが動いてしまいます。 一定以上持ち上げるとノッカーにハンマースプリングのテンションが掛かってしまうのです。 ハンマーダウンの状態でマガジンを入れた時、「プスッ」と少量のガスが出てしまう事がありますが、バルブがノッカーに当たってしまっているのが原因です。 ノッカーの可動域を広げれば(写真右)この現象を回避できます。
→ ついでにノッカーロックの頭も磨いてあげましょう。 


 マガジンキャッチも角を丸めてやると指に優しくて良いです(^^)


G26用のアサルトフレームは、純正コンペセイターを加工してアキュコンプ化できるようになっています。
まず、ピラニアソーでアウターバレルの接続部分から切断します。


切断したアウターバレルの先端を、段の部分から更に切断します。


インナーバレルを固定してしまうので、アウターバレルがスムーズにショートリコイルできるように半丸ヤスリで銃口を広げます。


アウターバレルの先端は、切断面をヤスリで整え面取りをします。

方向を間違えないようにコンペセイターに奥まで差し込み、瞬間接着剤で固定します。


 フロントサイトを外し、付属のインサートナットを打ち込みます。 
 この時、インサートナットを直接ハンマーで叩き込むのではなく、不要になった純正フレームからセフティープレートを止めているネジを外してインサートナットにねじ込み、ねじ込んだネジをハンマーで叩きます。
 インサートナットが曲がってしまわないよう気をつけながら打ち込んでください。
 打ち込んだ後、プラリペアで周囲の隙間を埋めてやれば完璧です(^^)v



 フロントサイトはフラッシュFサイトがおすすめです。 φ3mmの集光アクリルを使用しているので視認性が高くダットサイト並みの素早いサイティングが可能になります(^^)


 G26は、かなり古いモデルなので、金型が疲れてきているのかチャンバーカバーの矢印部分にバリが残っています。 このままだとシリンダーに接触して作動抵抗になってしまうのでヤスリで削ります。

 削った後はリューターでバフ研磨します。 BB弾の通り道であるフィーディングランプ部分もピカピカに磨きましょう(^^)

 
 インナーバレルはアキュバレルDXがオススメです。 マルイ純正のインナーバレルよりもHOPの窓が大きいので、ハンドガンカスタムの定番であるファイアフライの「甘口ナマコ」との相性がバッチリです(^^)v
 しかも純正よりも16mm長くテフロンメッキも施していますので、飛距離も精度もアップします!


 ちなみに、「甘口ナマコ」を取り付ける際は、インナーバレルの溝に高粘度グリスを塗りってガス漏れを防ぎます。


 インナーバレルを組み立て、先端にビニールテープを巻きます。


 アウターバレルを取り付けた後で、アサルトフレームに付属のオーリングを付けます。


 ガスブローバックはリコイルが強い方が好きという方が一般的ですが、シューティングにおいてはリコイルは少ない方が連射しやすく当てやすくなります。 実銃の世界でもレースガンの場合はスライドに穴をあけて軽量化したりします。 エアガンの場合は樹脂製のスライドに穴をあけても強度が落ちるだけでほとんど軽量化できませんが。。。(^^;


 軽量樹脂ブリーチ
 スライドの作動スピードを上げリコイルを少なくするには、スライドの軽量化が効果的です。 スライドに組み込まれているパーツで最も重いのがブリーチ(ピストン)です。 純正ブリーチ49gに対して軽量樹脂ブリーチは1/4以下の11g! その効果は誰でも実感できると思います(^^)
 更に、ガスの消費量も減るのでリキッドチャージで撃つ場合はマガジンの冷えも抑えられます。

 ピストンヘッド
 ガスを効率よく使うことは重要です。 このピストンヘッドはファイアフライのロケットバルブに付属している物です。 ロケットバルブはリコイルを増やすためのパーツです。 リコイルを増やす効果があるシリンダーバルブは不要なのでピストンヘッドだけを特別に分けてもらいました。
 しなやかで機密性の高いYリングを、高圧時でもめくれないようアルミのパーツでサンドイッチした構造で、私がいろいろ試した中で最高の機密性と耐久性を有しています(^^)

 軽量樹脂ブリーチとピストンヘッドの組み合わせなら3.5気圧で快調に作動します(^^) 
 外部ソースで使用する場合は、なるべく低い圧力で使用した方が銃の寿命が延びます!


 シリンダーは入り口部分にバリが立っている場合がありますので、面取りカッターでバリ取りをします。


 個体差がありますが、コンペセイターがフレームに対して緩い場合は矢印部分にアルミテープなどを貼って調整しましょう。 組み立ての際はインナーバレルが入る穴に薄くグリスを塗っておきます。 各部品を組み立てれば出来上がり(^O^)/



 せっかくなので、トリガーチューニングの方法もご紹介しましょう! 海外製のカスタムパーツには色々な種類のアジャスタブルトリガーが有りますが、調整機能が使えるように組込むには加工が必要です。 どうせ加工が必要なら、もうちょっと頑張って純正パーツを加工してアジャスタブルトリガーにしてみようと思います(^^)

 まずは、トリガーからトリガーセフティーを外します。 トリガーのストロークは、トリガーバーの動きを制限することで短くできます。 そこで、トリガーにネジを取付けてトリガーバーの動きを制限し、トリガーストロークを調整します。
トリガーにφ2.5mmの下穴を開け、M3のタップでネジ加工を施します。 穴位置は写真を参考にしてください。


 トリガーストロークを短くすると、トリガーセフティーが効かなくなってしまうので、短く切断してトリガーセフティーが機能するようにします。
 短くしたトリガーセフティーをトリガーに組込み、調整用のネジも取付けます。 この時、ネジの緩み止めにタミヤのネジロックを使います。 タミヤのネジロックは樹脂に優しくておすすめです(^^)

 ちなみに、海外製のアジャスタブルトリガーも、同様にトリガーセフティーを短くしてやれば、セフティー機能を残したままトリガーストロークを詰めることができます。

完成!  グロックはもともと軽い銃ですが、このレースガンはノーマルのG17(703g)よりも軽い623gに仕上がりました(^^)  ちなみに、ノーマルのハイキャパ5.1は894gです。


ダットサイトを搭載する場合はアサルトフレーム対応のマウントベースがありますので、色々なダットサイトを搭載できます。
新ローマウントベース

C-MOREマウント

SHMマウント

マルイ純正のマウントを使ってマイクロプロサイトをスライドに直付けするのも良いですね(^^)

 マイクロプロサイトは軽量なので、取り付けた状態でもノーマルのG17より軽い!

 マイクロプロサイトならタクティカル系のホルスターが使えるのも良いですね(^^)


 さて、グロックレースガンの作り方を解説いたしましたが、参考になりましたでしょうか? カスタムは楽しいですし、自分の手で作り上げたレースガンは愛着もわきます。 是非チャレンジしてみてください(自己責任で)!

カスタムしている暇があったら練習したい!という方には完成品の販売もしていますよ〜(^^) 


 
カスタムパーツならフリーダムアート


フォリッジグリーンときがわ
ただいま仮営業中です。御来店の際はお問い合わせください。

  埼玉県比企郡ときがわ町大字玉川1751
   TEL 0493-81-7244
 定休日:毎週火・水曜
 営業時間(仮):平日 17:00~21:00
      土日祝日 12:00~
 HP http://foliagegreen.web.fc2.com/

 1Fシューティングレンジにはリミティッドのステージが常設されていて、しかも各ステージにタイマーを常備しているので営業時間内なら何時でもリミティッドの練習ができます。 苦手なコースを徹底的に撃ち込んだり、通しでタイム計測したり、イロイロな練習の仕方ができます(^^) 2Fシューティングレンジは冷暖房完備でフォーリングプレイト、JSC、リミティッド、リミティッドなどの練習ができます。 更に、初心者向けのスチールチャレンジ系ポスタルマッチ「PPS」も随時開催! 昼間ならモデルガンを撃つ事ができますよ〜(^^)
 平日なら1日遊び放題¥2500、土日祝日は1日¥3000、17時以降のアフターファイブプランなら¥1500です(^^)



TARGET-1新宿店
国内最大規模のシューティングレンジです。 明るく清潔で機材も充実! ズブの素人からベテランまで幅広くカバーする各種シューティングイベントを開催! 手ぶらで行っても楽しめますよ〜(^O^)/
東京都渋谷区幡ヶ谷1-7-5 タカヤナギビル2F
<年中無休>
平日 12:00~22:00(最終受付 21:30)
土日祝日 10:00~22:00(最終受付 21:30)
TEL.03-6300-7866 FAX.03-6300-7867
E-mail. shinjuku@target-1.com 秋葉原店はコチラ


 

前回までのお話はコチラ

レースガンというと、ハイキャパをイメージする方が多いと思います。 私もグロックよりハイキャパの方がカッコイイと思います。 しかし、私は敢えてG26アドバンスをお勧めしています。 


 ハイキャパの場合はサムセフティーとグリップセフティーという2重の安全装置を備えています。 ホルスターから銃を抜いて狙いを定めるまでの間に、親指でサムセフティーを解除し、グリップをしっかり握ってグリップセフティーを解除します。 一方グロックの場合はトリガーに安全装置が有るので、トリガーを引くだけで安全装置を解除し、発砲する事が出来ます。 また、グリップセフティーが無いので、グリップの握りが甘くてグリップセフティーを解除し損なうというリスクも有りません。 おまけにハイキャパよりも部品点数が少なく、その分故障が少ないのです。 また、故障しても修理が簡単な点も見逃せません。 グロックなら試合中に銃が故障しても部品交換だけで直ります。 ハイキャパの場合は高度にチューニングされていればいるほどパーツの組込に調整が必要で、部品交換だけでは済まないのです。 
 ちなみにJANPS2018では試合中に銃が故障してしまったものの部品交換で乗り切って、まずますの成績を残すことができました(^^; 詳しくはコチラ



レースガンは命中精度が重要です。 ハンドガンの命中精度を高めようと思った時、最も効果が高いのはインナーバレルの固定です。 
 ガスブローバックの場合、ショートリコイルを再現するためにアウターバレルがスライドと共に数ミリ後退します。 リアルでカッコイイのですが、このギミックのおかげでインナーバレルの固定が甘くなってしまいます。 新品のうちは割とガタが少ないのですが、使っていれば徐々にガタが大きくなってきます。 高精度なインナーバレルや高性能なチャンバーパッキンを組込んでいても、インナーバレルがガタついていれば命中精度は良くなりません。 どんなに使い込んでもガタが出ないようにすることが重要なのです。



 G26アドバンスのコンペセイターはアウターバレルに取り付けられているので、アウターバレルとは切り離してフレームに固定。 インナーバレルをコンペセイターで支えられるように加工します。 グリップは意外に握りやすいので、このまま半田ゴテでステップリングするのも良いかと。 フレームに付いているレール部分が邪魔で競技用ホルスターに入らないので、ホルスターに入る形にフレームを整形するか、ホルスターを加工する必要があります。
 工作が得意な方はご自分で加工できると思いますが、もっと簡単にインナーバレルを固定する方法があります。 それはフリーダムアートのアサルトフレームを組み込む事です(宣伝)。 


アサルトフレーム2017
はグロック用のレースホルスターが使えるだけでなく、シューターを正しいグリップに導くようにデザインしています。 また、簡単な加工でコンペセイターをフレームに固定し、固定されたコンペセイターでインナーバレルの先端を固定できます。  詳しくはコチラ


 ダットサイトを付けないなら、フラッシュFサイトを組み込んでリミティッドガン(ダットサイトを使用しない部門のレースガン)の出来上がりです(^^) 

 新ローマウントを使ってダットサイトを搭載すればオープンガン(カスタム無制限部門のレースガン)の出来上がりです。


 G26アドバンスが良いのはわかったけど、今までハイキャパを使ってたからグロックのグリップアングルには違和感があるし、レースホルスターもハイキャパ用しか持ってないんだよね。 って方にはコチラ↓


アサルトフレームHCアングル
は、ハイキャパと同じグリップアングルとトリガーガードを持つアサルトフレームです。 ハイキャパ用のレースホルスターがそのまま使えますし、グリップアングルも違和感ありません(^^)v

つづく


カスタムパーツならフリーダムアート


フォリッジグリーンときがわ
ただいま仮営業中です。御来店の際はお問い合わせください。

  埼玉県比企郡ときがわ町大字玉川1751
   TEL 0493-81-7244
 定休日:毎週火・水曜
 営業時間(仮):平日 17:00~21:00
      土日祝日 12:00~
 HP http://foliagegreen.web.fc2.com/

 1Fシューティングレンジにはリミティッドのステージが常設されていて、しかも各ステージにタイマーを常備しているので営業時間内なら何時でもリミティッドの練習ができます。 苦手なコースを徹底的に撃ち込んだり、通しでタイム計測したり、イロイロな練習の仕方ができます(^^) 2Fシューティングレンジは冷暖房完備でフォーリングプレイト、JSC、リミティッド、リミティッドなどの練習ができます。 更に、初心者向けのスチールチャレンジ系ポスタルマッチ「PPS」も随時開催! 昼間ならモデルガンを撃つ事ができますよ〜(^^)
 平日なら1日遊び放題¥2500、土日祝日は1日¥3000、17時以降のアフターファイブプランなら¥1500です(^^)



TARGET-1新宿店
国内最大規模のシューティングレンジです。 明るく清潔で機材も充実! ズブの素人からベテランまで幅広くカバーする各種シューティングイベントを開催! 手ぶらで行っても楽しめますよ〜(^O^)/
東京都渋谷区幡ヶ谷1-7-5 タカヤナギビル2F
<年中無休>
平日 12:00~22:00(最終受付 21:30)
土日祝日 10:00~22:00(最終受付 21:30)
TEL.03-6300-7866 FAX.03-6300-7867
E-mail. shinjuku@target-1.com 秋葉原店はコチラ


 

レースガンは競技に勝つためチューニングされたカスタムガンです。 実銃とエアガンとでは構造が違いますし、求められる性能も異なります。
そこで、ここでは実銃のレースガンを模型的に再現する方法ではなく、エアガンシューティングにおけるレースガンについて研究してみたいと思います。


リコイル(反動)を少なくすることは実銃でもエアガンでも重要です。
 エアガンは実銃の模型として作られているので、エアガンメーカー各社は実銃の雰囲気を再現すべく少しでもリコイルを強くしようと努力しています。 
しかし、メーカーさんには申し訳ありませんが、レースガンの場合リコイルは邪魔でしかありません(^^;
 実銃の場合は弾頭を発射した時の反作用がリコイルの発生源ですが、エアガンの場合はブローバックの時のスライドの前後動で表現しています。 スライドが重く後退スピードが速いほどリコイルは強くなります。 



 レースガンとしてはスライドの後退スピードを遅くする訳にはいかないので、スライドの軽量化を行います。 実銃ではスライドに穴を開けて軽量化したりしますが、樹脂製のスライドに穴を開けてもほんの僅かしか軽量化できません。 むしろ強度不足が心配です。



 そこで、スライドに付いている最も重いパーツであるブリーチ(ピストン)をアルミや樹脂に替えて軽量化するのが一般的です。
また、ブローバックの為に使用するガスの量を減らす「ガスカット」も重要です。 フリーダムアートの樹脂ブリーチはガスカット加工済みです(^^)v



 次に重いパーツはリアサイトですが、これを樹脂製にするのも効果的です。 ちなみに、ハイキャパゴールドマッチのリアサイトは最初から樹脂製です(^^)



 銃の重さを増やしてリコイルを減殺する方法もあります。 カップガンなどが良い例です。 但し、スチールチャレンジ系などのスピード重視の競技では振り回しやすい軽量な銃が向いています。

 リコイルの軽減とともに重要なのはサイクルアップです。 スライドが後退し給弾しながら戻るサイクルが速い方が連射に強くなります。 そこで行われるのがショートストローク化です。 エアガンの場合は直径6mm(または8mm)のBB弾を給弾する訳ですから実銃と同じストロークは必要ありません。 ハンマーを起こせてBB弾を給弾できる最低限のストロークさえ確保できれば良いのです。 しかし、リコイルスプリングガイドにバッファーを入れてストロークを減らすだけでは安定した作動は得られません。 ガスカットはもちろん、確実な給弾が出来るようにするための様々な調整が必要になります。 また、競技によってはショートストローク化を禁止している場合もあります(JSCなど)。



 そこで、私がお勧めするのはコンパクトモデルのスライドを使用する事です。 コンパクトモデルはもともとスライドのストロークが短く出来ていますからルール違反になりません。 更にスライド自体が小型ですから、フルサイズのモデルに比べて軽量です(^^)v  
 しかし、コンパクトモデルのスライドを移植するとなると、銃を2丁用意しなくてはなりませんし、無加工で移植できるものでもありません。 けれども、東京マルイさんからはちょうど良い銃が発売されているのです! それがG26アドバンスです(^O^)/
 G26アドバンスは、G26にコンペセイターとグリップアダプターを付けてフルサイズ化していますが、このコンペセイターはインナーバレルを固定する加工を行う際に役に立ちます。 マガジンはG17用が付属していますし、グロックですからハイキャパに比べて軽量です。 パーツ点数もハイキャパに比べて少ないので故障も少なく、故障しても簡単に修理できます。 価格も手頃でレースガンのカスタムベースとして理想的な銃なのです。

つづく
 

カスタムパーツならフリーダム・アート http://www.gun-freedom-art.com 


10月から11月にかけてリミティッドプレマッチが開催されます。 今からでも間に合いますよ〜 お気軽にご参加ください(^O^)/
 

フォリッジグリーンときがわ
ただいま仮営業中です。御来店の際はお問い合わせください。

  埼玉県比企郡ときがわ町大字玉川1751
   TEL 0493-81-7244
 定休日:毎週火・水曜
 営業時間(仮):平日 17:00~21:00
      土日祝日 12:00~
 HP http://foliagegreen.web.fc2.com/

 1Fシューティングレンジにはリミティッドのステージが常設されていて、しかも各ステージにタイマーを常備しているので営業時間内なら何時でもリミティッドの練習ができます。 苦手なコースを徹底的に撃ち込んだり、通しでタイム計測したり、イロイロな練習の仕方ができます(^^) 2Fシューティングレンジは冷暖房完備でフォーリングプレイト、JSC、リミティッド、リミティッドなどの練習ができます。 更に、初心者向けのスチールチャレンジ系ポスタルマッチ「PPS」も随時開催! 昼間ならモデルガンを撃つ事ができますよ〜(^^)
 平日なら1日遊び放題¥2500、土日祝日は1日¥3000、17時以降のアフターファイブプランなら¥1500です(^^)



TARGET-1新宿店
国内最大規模のシューティングレンジです。 明るく清潔で機材も充実! ズブの素人からベテランまで幅広くカバーする各種シューティングイベントを開催! 手ぶらで行っても楽しめますよ〜(^O^)/
東京都渋谷区幡ヶ谷1-7-5 タカヤナギビル2F
<年中無休>
平日 12:00~22:00(最終受付 21:30)
土日祝日 10:00~22:00(最終受付 21:30)
TEL.03-6300-7866 FAX.03-6300-7867
E-mail. shinjuku@target-1.com 秋葉原店はコチラ


 

レースガンと言えばハイキャパをイメージする方が多いと思いますが、昨年くらいからグロックの活躍が注目を集めています。


 今回ご紹介するのは、今年の鉄板早撃ち!九州スチールで優勝したイデ マサト選手のグロックレースガンです。

 イデ選手の銃は、フリーダムアートのコンプリートガンをベースにアップデイトを繰り返して現在の形になりました。 
 東京マルイのG17をベースに、アサルトフレームH2、次世代アキュコンプA、DXマウントC、軽量樹脂ブリーチ、ファイアフライ製ベアリングR-SPガイドを装備。


 イデ選手は手が大きいので、ご自分でマグウェルを加工、ビーバーテールもエポキシパテで延長、サムレストも盛り付けています。

 純正のプラ製トリガーを加工してギリギリまでチューニングを施しています。 M1911に匹敵するショートストロークでパチッと切れる仕上がりです(^^)





 最後に当社コンプリートモデル グロックレースガンH をご紹介致します。 この銃は、今から10年ほど前にアメリカで大活躍し、シューティングの世界にグロック の存在感を高めたSJCカスタムのレプリカです。


↑トリガーやマグウェルがシルバーになっていますが、私はこの銃を使って2017年のJSCで自己最高の88.72秒を出して47位になりました(^^)v

私見ですが、実銃と違ってエアガンに関してはハイキャパ よりもグロックの方がレースガンに向いていると思います。 ハンマー内蔵式のシングルアクションで、安全装置はトリガーセフティーだけでOK。 グリップセフティーやサムセフティーはありませんから「誤操作で弾が出ない」なんて事は起きません。 チューニング次第でハイキャパに匹敵するショートストロークでパチッと切れるトリガーになります。 部品点数が少ないので故障しにくく、故障した場合も修理が簡単です。 更に、同じ性能のレースガンを作る場合、グロックの方が安価に仕上がります(^^)



フリーダムアート ではハイキャパと同じグリップアングルとトリガーガードを持つアサルトフレームHCアングルを発売しています。 これならハイキャパ から乗り換えてもグリップの違和感は少なく、レースホルスターもハイキャパ用をそのまま使えます。 貴方もグロック を使ってみませんか?




カスタムパーツならフリーダムアート


エントリー受付中!

フォリッジグリーンときがわ

  埼玉県比企郡ときがわ町大字玉川1751
   TEL 0493-81-7244
 定休日:毎週火・水曜
 営業時間:平日 12:00~22:00
      土日祝日 10:00~22:00
 HP http://foliagegreen.web.fc2.com/

 1Fシューティングレンジにはリミティッドのステージが常設されていて、しかも各ステージにタイマーを常備しているので営業時間内なら何時でもリミティッドの練習ができます。 苦手なコースを徹底的に撃ち込んだり、通しでタイム計測したり、イロイロな練習の仕方ができます(^^) 2Fシューティングレンジは冷暖房完備でフォーリングプレイト、JSC、リミティッド、リミティッドなどの練習ができます。 更に、初心者向けのスチールチャレンジ系ポスタルマッチ「PPS」も随時開催! 昼間ならモデルガンを撃つ事ができますよ〜(^^)
 平日なら1日遊び放題¥2500、土日祝日は1日¥3000、17時以降のアフターファイブプランなら¥1500です(^^)

国道171号線をA方向からお越しの方


国道171号線をB方向からお越しの方




TARGET-1新宿店
国内最大規模のシューティングレンジです。 明るく清潔で機材も充実! ズブの素人からベテランまで幅広くカバーする各種シューティングイベントを開催! 手ぶらで行っても楽しめますよ〜(^O^)/
東京都渋谷区幡ヶ谷1-7-5 タカヤナギビル2F
<年中無休>
平日 12:00~22:00(最終受付 21:30)
土日祝日 10:00~22:00(最終受付 21:30)
TEL.03-6300-7866 FAX.03-6300-7867
E-mail. shinjuku@target-1.com 秋葉原店はコチラ


 

このページのトップヘ