フリーダムアート通信

フリーダムアートの製品情報とシューティングマッチ情報を中心に情報発信いたします。

タグ:アンリミテッド

 エアガンシューティングは年々盛り上がっており、ビックマッチでは定員オーバーになるケースが増えています。 アンリミティッドも例外ではなく、できるだけ多くの選手に参加して頂くべく、2015年から2日間開催で定員を200名にしました。 しかし、定員を増やしても東京で開催される大会に誰もが参加出来る訳ではありません。 東京近郊ならともかく、それ以外の地域から参加するのは容易ではありません。 また、東京近郊にお住まいでもスケジュールの都合で参加できないという方も少なくありません。 そこで、JTSAは2016年からポスタルマッチ形式で本大会に準じる位置づけの「プレマッチ」を開催する事にしたのです。 

 ポスタルマッチ形式の試合は他にも「公式記録会」を開催していますが、「プレマッチ」では優先エントリー権に関わるポイントはもらえませんが、各クラスのTOPを本戦の表彰式で一緒に表彰し、トロフィーを送ります(表彰式に参加できない方には本部から発送されます)。 地方在住の方々にもアンリミティッドを身近に感じ、楽しんでもらう為の工夫なのです(^^)

アンリミティッド プレマッチ2016

オープン部門優勝/シニア部問優勝
ローガン サキモト選手 47.78秒

 

カウボーイ部門優勝
モヨシ マサミツ選手 70.64秒

 

スタンダード部門優勝
イマムラ ユウジ選手 48.51秒



ライフル部門優勝
ヨコミゾ ユウキ選手 46.35秒

 

リボルバー部門優勝
オオモリ ミキオ選手 62.98秒

 

ジュニア部門
ナカハラ ケイン選手 52.40秒

 

ヤングガン部門
フルウチ ヒロトモ選手 51.16秒



レディース部門
クスミ マオ選手 63.46秒


入賞された皆さんおめでとうございます(^O^)/ 詳しいリザルトはコチラ
今回のプレマッチでは成績上位を殆ど本大会参加者が占める結果と成りましたが、今後は本戦に参加できない地方勢の活躍も見られるように成ると思われます(^^)
11月5日(土)6日(日)に開催される「リミティッド」でもプレマッチの開催が予定されています。 本戦に参加できない方でも最寄りの会場で参加できます(^^) 詳しくはJTSA公式HPで発表されると思いますので、こまめにチェックして下さいね(^O^)/

アンリミティッドの次はリミティッド!

リミティッド テストマッチの様子はコチラ


競技系パーツならフリーダム•アート http://www.gun-freedom-art.com/ 
 




 
  


 年々盛り上がりを増しているエアガンシューティングですが、5枚の鉄板ターゲットをいかに速く撃ち終えるかを競うスチールチャレンジ系の競技が人気です。 

 シューティングBOXと呼ばれる射撃位置から5枚の鉄板ターゲットを撃つのですが、タイム計測の為のSTOPターゲット(アンリミティッドでは黄色く塗られている)を最後に撃つ以外、撃ち順は自由。 弾数制限もありません。 原則として5回計測して悪いタイム1個を省いた4回分の合計がステージタイムとなり、全ステージの合計が試合の成績になります。 シンプルで奥が深く老若男女、誰でも楽しめます。(アンリミティッドは保護者同伴なら未成年者も参加できます)


 スチールチャレンジ系の中でも最も規模が大きいのはJTSA(一般社団法人 日本トイガン射撃協会)が主催しているアンリミティッドです。 今年は5月28日、29日の二日に渡って開催されましたが、参加者は181名と昨年を大きく上回る盛り上がり様でした。


 スチールチャレンジ系の競技は他にも色々ありますが、それらは海外の実銃マッチをエアガンで再現する事に拘っています。 しかし、アンリミティッドはエアガンシューティングの普及啓蒙に重点を置いていて、できるだけ沢山の人達が参加できるように様々な工夫をしています。 5種類のステージ全てが4m×5mの広さに収まるようコンパクトに設計されていて、練習場所の確保を容易にしています。
 

 
 ターゲットにはセンサーとLEDが仕込まれていてBB弾が当たると光ります。 当たったかどうかの判定が容易で審判員の負担を軽減するだけでなくギャラリーの目を楽しませてくれます。


 アンリミティッドには5つの部門があり色々な銃や射撃スタイルで参加できます。 競技である以上、好成績を叩き出すトップシューターは尊敬を集めますが、敢えて競技には不向きな銃を使い拘りのシューティングスタイルでカッコ良くキメる選手にも喝采を送る文化があります。

※色々な銃が使えますが安全管理は徹底しています。 シューティングマッチでは、かつての業界自主基準値である0.8J(8mmBB弾は1.37J)をパワーの上限としており、試合ではASGK簡易弾速器を使用して参加者全ての銃をチェックしています。


 ところで、成績はリアルタイムで集計され、スクリーンに映し出されます。 なので、試合の行方は一目瞭然ですし、ライバルのタイムをチェックしながら作戦を立てる事もできます。



 アンリミティッドには色々な選手が参加していますが、今回はアームズマガジンガンプロフェッショナルズのライターさん達も参戦! 参戦記が掲載されるそうですから皆さん買ってくださいね!


 Youtubeでお馴染みのT.K.ヒーローさんも参戦! ガンプレイやファストドロウだけでなくアンリミティッドもお見事な腕前でした。
 

さて、気になる成績ですが、
総合優勝:サメシマ カズキ選手 ライフル 44.10秒
総合準優勝:ヤスダ ミツキ選手 オープン、ジュニア 46.03秒
総合第3位:ナリタ カズヒト選手 オープン 47.91秒


オープン部門
第1位:ヤスダ ミツキ選手 46.03秒
第2位:ナリタ カズヒト選手 47.91秒
第3位:ナカザワ シュウジ選手 48.64秒

スタンダード部門
第1位:スギサワ アキラ選手 48.64秒
第2位:フルウチ ヒロトモ選手 51.55秒
第3位:イマムラ ユウジ選手 53.40秒

リボルバー部門
第1位:バン ユウジロウ選手 57.80秒 
第2位:オオモリ ミキオ選手 59.82秒
第3位:taku選手 62.94秒

ライフル部門
第1位:サメシマ カズキ選手 44.10秒
第2位:ヨコミゾ ユウキ選手 49.47秒
第3位:オノデラ ケンゴ選手 52.72秒

カウボーイ部門
第1位:モヨシ マサミツ選手 68.06秒
第2位:ジェス コバヤシ選手 73.71秒
第3位:オオザワ ケンタ選手 76.87秒
 
ヤングガン部門
第1位:フジタ シロウ選手 50.21秒
第2位:ナカハラ マイケル選手 51.49秒
第3位:フルウチ ヒロトモ選手 51.55秒
 
レディース部門
第1位:オダ エミ選手 63.41秒
第2位:モモセ キョウコ選手 66.14秒
第3位:ワタナベ アヤナ選手 66.30秒

ジュニア部門
第1位:ヤスダ ミツキ選手 46.03秒
第2位:ナカハラ ケイン選手 53.86秒
第3位:ヤグチ ノブヒロ選手 56.95秒

シニア部門
第1位:ナカザワ シュウジ選手 48.64秒
第2位:イシジマ ツネハル選手 49.35秒
第3位:ローガン サキモト選手 50.29秒

入賞された皆さんおめでとうございます(^O^)/ 詳しいリザルトはコチラ。





 参加された皆さん、運営スタッフの皆さん、お疲れ様でした&ありがとうございました。


競技系パーツならフリーダム•アート http://www.gun-freedom-art.com/ 
 




 

  

アンリミティッド2016まで、残り2週間足らずとなりました。 皆さん準備は如何ですか?

JTSA のTwitter で会場での注意事項について情報発信されています。 参加される皆さんは是非ご確認をお願い致します!

アンリミティッド2016の開場時間について
第一部:28日 12:00〜
第二部:29日 8:00〜
第三部:29日 12:00〜
表彰式:29日 16:00〜
(全競技終了後、予定時間)
開場時間前には一切の入場ができず、入り口でお待ち頂くことはできません。
他の利用者の方のご迷惑にもなりますので、必ず開場時間後にお越しください。
待機スペースは参加される時間以外のご利用はお控えください。
待機スペースは人数分のご用意ができませんので、譲り合ってお使いください。
(特に第二部と第三部が入れ替わる時間帯は、大変混雑することが予想されます。)

開場が大変狭くなっているため選手の皆様のご協力が必要です。
ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願いします。
詳しくは会員用お知らせの「アンリミティッド2016参加について」をご覧ください。


 また、レギュレーションについて問い合わせが多かった事柄について説明動画がアップされていますので、こちらも併せて御覧ください。


ところで、今回の会場は物販が禁止されています。 なので出店はありません。 残念な事です。 しかし、安心してください。 TARGET-1 さまのご厚意で、代わりに秋葉原店と新宿店にイベント限定商品や特価品を置いて頂ける事になりました(^O^)/ アンリミティッドの帰りに是非お立ち寄りください! 
 
 
競技系パーツならフリーダム•アート http://www.gun-freedom-art.com/ 
 





 

5枚の鉄板ターゲットをいかに早く撃ち終えるかを競うスチールチャレンジ系の競技はシンプルで奥が深く国内では最も人気のある競技です。 中でもJTSA(NPO法人日本トイガン射撃協会)が主催するアンリミティッドは色々な銃やシューティングスタイルで参加できるシューティングの祭典として初心者からベテランまで幅広い支持を受けています。

 さて、今年は5月28日(土)、29日(日)の2日間に渡って中央区立産業会館3階展示室で開催されますが、本戦の前哨戦としてゴールデンウイーク中、全国6会場を舞台にプレマッチが開催されました。  その1はこちら
そして2016年5月4日には埼玉県ときがわ町の

フォレッジグリーンときがわで開催されました。

 フォレッジグリーンときがわは野外のサバイバルゲームフィールドとインドアシューティングレンジで構成されている総合トイガン遊戯施設です。サバゲフィールドはこんな感じ
 
 シューティングレンジは2階に、JSC練習会JANPS練習会FGアクションシューティング等を行うワイドなレンジと、フォーリングプレイトが常設されていてPMCやエリートオペレーターズの練習ができるロングレンジがあります。 しかも2階レンジは冷暖房完備でモデルガンの発火もOK(日没まで)!! モデルガンはエアガン以上に撃つ場所が少ないですからとても助かりますね〜(^^)
 ちなみに、コンプレッサーは無料で借りられますので、エアタンク使用者には朗報です。


 そして1階レンジには現在、アンリミティッド5ステージ全てが横一列に設置されています。 タイマーも設置されていますので、一人で集中練習するもよし、お友達と試合形式で回るもよしです(^^)v  アンリミティッド プレマッチはここで行われました。






 フォレッジグリーンのプレマッチは午前の部と午後の部に分かれて開催されました。 公式記録に残るのは最初に撃った記録だけですが、Wエントリー可能なので、午前の部に参加した選手の多くはWエントリーしていました。 その結果、総エントリー数は47!! 大盛況でした(^^)
 アンリミティッドには5つの部門が有りますが、フォレッジグリーンでのプレマッチでは全部門が集結しました。 中でも最も多かったのはオープン部門、次に多かったのはカウボーイ部門でした。
 カウボーイ部門は拘りのシューティングスタイルを楽しむものなのですが、皆さん個性的でカッコイイ! ピンクのSAAも良いですね〜 


参加された皆さん、運営スタッフの皆さんお疲れ様でした&有難うございました(^O^)/   リザルトはこちら


フォレッジグリーン トキガワ
  埼玉県比企郡ときがわ町大字玉川1751
   TEL 0493-81-7244
 定休日:毎週木曜
 営業時間:平日 12:00~22:00
      土日祝日 10:00~22:00
 HP http://foliagegreen.web.fc2.com/
 
 
 
1Fシューティングレンジにはアンリミティッドの全ステージが常設されています。 各ステージにタイマーを常備しているので営業時間内なら何時でも練習ができます(^^) 更に、2Fシューティングレンジは冷暖房完備で JSC や フォーリングプレイトなどを練習できますし、昼間ならモデルガンも撃てますよ〜(^^)v
 平日なら1日遊び放題¥2500、土日祝日は1日¥3000、17時以降のアフターファイブプランなら¥1500です。
 毎月第1土曜日はアンリミ初心者練習会。 第2、第4土曜日はフォレッジグリーン練習会、アンリミの集中練習にどうぞ(^^)/
 国道171号線から路地に入る目印は「おごせ自動車学校」の看板です。 



競技系パーツならフリーダム•アート http://www.gun-freedom-art.com/ 
 





 

 5枚の鉄板ターゲットをいかに早く撃ち終えるかを競うスチールチャレンジ系の競技はシンプルで奥が深く国内では最も人気のある競技です。 中でもJTSA(NPO法人日本トイガン射撃協会)が主催するアンリミティッドは最も多様性を持つシューティングの祭典として初心者からベテランまで幅広い支持を受けています。

 さて、今年は5月28日(土)、29日(日)の2日間に渡って中央区立産業会館3階展示室で開催されますが、本戦の前哨戦としてゴールデンウイーク中、全国6会場を舞台にプレマッチが開催されました(^O^)/ 

まず口火を切ったのは福井県の
シューティングカフェ ロックonです(^^)
2016年4月24日開催

 シューティングカフェロックonでは毎月第四日曜日にシューティング大会を開催しており、アンリミティッド プレマッチは第19回シューティング大会と一緒に開催されました。 今回の参加人数は9名、その内アンリミティッド本戦にエントリーしている5名がプレマッチに参加しました。 
 本番を約1ヶ月後に控えて気合が入ってましたが、気合が入りすぎて普段の実力が出せなかった様です…(汗) さてさて、本番はどうなることやら・・・(笑)「福井県チームの5名は、28日(土)1Bスクワッドに出ますので、皆様、お手柔らかにお願いします。」との事です(^^)

 
  
2番手は京都府の
45er‘s です(^^)
2016年4月30日開催

 45er‘s は実力派のシューティングチームです。 リーダーの澤田ぷっちょ選手は順調に順位を上げて行き今回は総合3位でした。 ライトニング茂吉選手はシングルアクションリボルバーとは思えない70秒台という好タイムでカウボーイ部門1位。 第2回公式記録会では100秒切りを目標にしていたロイ大澤選手は72秒台でカウボーイ部問2位と急成長! 本戦が楽しみですね(^^) 

 
 
 5月1日には2会場で開催されました。 まずは佐賀県の
S.S.C.(佐賀スポーツシューティングクラブ)です。
2016年5月1日開催

 S.S.C.では毎年「九州魂」というイベントを開催していますが、今回は2016年4月14日から続いている熊本地震のチャリティーイベントとして開催されました。 内容はATPFとアンリミティッド プレマッチの2本立てです。 参加者は24名で山口や熊本からの参加もありました。 アンミリテッド プレマッチは、初めての方が多かったですが、コツを掴むとどんどんタイムを縮めていました(^^)   
 ちなみに、参加者の皆様からお預かりした合計¥30,000は、日本赤十字を通じて被災地へ贈られました。詳しくはこちら

 
 
同じく5月1日には岡山県でも開催されました。
DVC OKAYAMAです。
2016年5月1日開催

 DVC OKAYAMAは射撃処 上矢 岡山店でJSCやIPSCなど幅広く活動しているシューティングチームです。 プレマッチの参加者は7名。 リーダーのローガンサキモト選手は第2回公式記録会で総合優勝している実力派です。 今回は総合2位でしたが本戦では如何に? 


つづく


競技系パーツならフリーダム•アート http://www.gun-freedom-art.com/ 





 

このページのトップヘ