JANPS は、NRAビアンキカップをエアガン用にアレンジした射撃競技です。 1995年にNRAビアンキカップに参戦したムラマツさんとハヤマさんは「この楽しさを日本に持ち帰ろう」と決意! タカシマさんと共に「ビアンキ伝統芸能保存会」を結成し、1997年にJANPSの原点である「静岡スピードウィーク」を開催しました。 「静岡スピードウィーク」は」屋外での開催だった為、大会の最後は雨に降られて参加者はずぶ濡れ。
この時の反省から1998年には会場を現在のあすなろ体育館に移し「第1回ビアンキシュート」が開催されました。 これが現在のJANPSの原型です。 
当初20数名で伝統芸能を保存していたJANPSでしたが、年々参加者を増やし、現在では全国から約80名が集まるまでに成長しました。 これは首都圏以外で開催されているシューティングマッチとしては最大の規模です!
JANPSの歴史について詳しくはコチラ



時代は平成から令和へ移り変わった今年、JANPSもまた新しい時代を迎えました。 1997年からJANPSを運営してきたムラマツ トモヒロさん、ハヤマ ヨシカズさん、タカシマ ヒデマツさんが引退し、コンドウ リョウ新委員長とクニヨシ マサカツ新副委員長による新体制で開催されました。



選手の増加に対応する為、少しでも競技時間を多く取れるように開会式は開場前に駐車場で行われます。 また、前日の会場設営日に一部の選手が先行して競技を行ったりもしています。



JANPSはNRAビアンキカップに倣い、フォーリンプレイト、プラクティコウ、バリケイド、ムーヴィンターゲットの4種目で構成されています。 基本的に制限時間内にどれだけ高得点を得られるかを競うのですが、2秒で2発とか、4秒で6発とか、短い時間で撃たなくてはならない場面もあり、精密射撃とスピードシューティングの要素を併せ持つ難易度の高いシューティングマッチです。 



JANPSは高い射撃技術を要求されるだけでなくターゲット機材が特殊なハードコアな競技です。 しかしササキさんがテーゲット機材を製作してくれるおかげで各地のシューティングレンジでJANPSの練習ができるようになり、年々競技人口が増えています。 今年も10名の新人さんが参加しました(^^)
(埼玉県のフォリッジグリーン ときがわでは毎月フリーダムアート主催のJANPS練習会を開催しています。) 


さて、いよいよ試合開始です。 今年、私は優勝候補を集めたAスクワッドで試合に臨む事になりました。 Aスクワッドの選手は先行競技は行わず1日で4種目を撃ちます。 まずはバリケイドです。 

バリケイド

横に2枚並んだペーパーターゲットは、最初は横向きに成っていて撃つ事が出来ません。 両手の掌をバリケイドにつけてスタンバイ。 ターゲットが回転動作を始めたら競技開始、規定の距離から規定の時間内に規定の弾数を撃ち込み得点を競います。 規定の時間を過ぎるとターゲットは再び90度回転して横を向き撃てなくなります。 
4m,5m,7m,8mから撃つのですが、目の前に有るバリケイドの左右から1回ずつ撃ちます。 

4m 4秒6発(左右1回ずつ)
5m 5秒6発(左右1回ずつ)
7m 7秒6発(左右1回ずつ)
8m 8秒6発(左右1回ずつ)



JANPS専用のレースガンを「カップガン」と呼びますが、シュラウドと呼ばれる銃全体を覆う大型のマウントベースがカッコ良いんですよ(^^) シュラウドは銃を掴んでバリケイドに固定して撃つテクニックの為の装備です。 

ちなみに、ダットサイトを使用しないメタリック部門ではシュラウド等JANPS専用装備の使用も禁止ですのでバリケイドを掴んで撃つことはできません。


さて、私は昨年、本番で銃が故障するというトラブルに見舞われながらも銃を修理しながら完走という綱渡りな試合展開でした。 そこで今年は銃の内部パーツを全て新品に入れ替え万全の構えで臨みました。 前日練習では体調が思わしくなくボロボロの結果でしたが、美味しいものを食べて充分な睡眠をとって体調を整え、なんとか満射できました(^^)


プラクティコウ

バリケイド同様、横に2枚並んだペーパーターゲットは、最初は横向きに成っていて撃つ事が出来ません。 両手を肩より高い位置にあげるハンズアップの姿勢でスタンバイ。 ターゲットが回転動作を始めたら競技開始、規定の距離から規定の時間内に規定の弾数を撃ち込み得点を競います。 規定の時間を過ぎるとターゲットは再び90度回転して横を向き撃てなくなります。 なにもターゲットが回転しなくても競技は出来るのですが、やっぱり動きの有るターゲットは良いものです。 見た目に面白そうですし、USビアンキカップみたいで気分が盛り上がります。

4m 2秒2発(左右に1発ずつ)
      3秒4発 (左右に2発ずつ)
      5秒6発 (左右に3発ずつ) ウィークハンドのみ
5m 3秒2発 (左右に1発ずつ)
      4秒4発 (左右に2発ずつ)
      5秒6発 (左右に3発ずつ) ストロングハンドのみ
7m 5秒2発 (左右に1発ずつ)
      6秒4発 (左右に2発ずつ)
      7秒6発 (左右に3発ずつ)
8m 6秒2発 (左右に1発ずつ)
      7秒4発 (左右に2発ずつ)
      8秒6発 (左右に3発ずつ)




プラクティコウは最も複雑で難易度の高い種目です。 2秒で2発というスピードシューティングを要求されるかと思えば、片手で撃たなくてはならなかったり、8mから8cmを狙い撃たなくてはならなかったり。。。 私見ですが、フォーリンプレイトとプラクティコウを攻略できれば勝ったも同然!と思います。

プラクティコウやフォーリンプレイトでは、より高い精度を求めてプローン(伏せ撃ち)をする選手が少なくありません。


さて、私はというと銃の調子は絶好調! 体調も安定していて、バリケイド満射の勢いをかってプラクティコウも満射できました(^O^)/
午前の競技はここまで。 この時点で2種目満射は私とハヤマ選手、イシイタケオ選手の3人だけ! 午前中までは優勝候補だったんです!!

つづく

カスタムパーツならフリーダムアート https://www.gun-freedom-art.net

フォリッジグリーンときがわ
ただいま仮営業中です。御来店の際はお問い合わせください。

  埼玉県比企郡ときがわ町大字玉川1751
   TEL 0493-81-7244
 定休日:毎週火・水曜
 営業時間(仮):平日 17:00~21:00
      土日祝日 12:00~
 HP http://foliagegreen.web.fc2.com/

 1Fシューティングレンジにはアンリミティッドのステージが常設されていて、しかも各ステージにタイマーを常備しているので営業時間内なら何時でもアンリミティッドの練習ができます。 苦手なコースを徹底的に撃ち込んだり、通しでタイム計測したり、イロイロな練習の仕方ができます(^^) 2Fシューティングレンジは冷暖房完備でフォーリングプレイト、JSC、リミティッド、アンリミティッドなどの練習ができます。 更に、初心者向けのスチールチャレンジ系ポスタルマッチ「PPS」も随時開催! 昼間ならモデルガンを撃つ事ができますよ〜(^^)



TARGET-1新宿店
国内最大規模のシューティングレンジです。 明るく清潔で機材も充実! ズブの素人からベテランまで幅広くカバーする各種シューティングイベントを開催! 手ぶらで行っても楽しめますよ〜(^O^)/
東京都渋谷区幡ヶ谷1-7-5 タカヤナギビル2F
<年中無休>
平日 12:00~22:00(最終受付 21:30)
土日祝日 10:00~22:00(最終受付 21:30)
TEL.03-6300-7866 FAX.03-6300-7867
E-mail. shinjuku@target-1.com 秋葉原店はコチラ